home‎ > ‎

吾輩は猫である自序


上篇

  「吾輩は猫である」は雑誌ホトトギスに連載した続き物である。固《もと》より纏《まとま》った話の筋を読ませる普通の小説ではないから、どこで切って一冊としても興味の上に於《おい》て左《さ》したる影響のあろう筈《はず》がない。然《しか》し自分の考ではもう少し書いた上でと思って居たが、書肆《しょし》が頻《しき》りに催促をするのと、多忙で意の如《ごと》く稿を続《つ》ぐ余暇がないので、差し当り是丈《これだけ》を出版する事にした。
 自分が既に雑誌へ出したものを再び単行本の体裁として公にする以上は、之《これ》を公にする丈《だけ》の価値があると云う意味に解釈されるかも知れぬ。「吾輩は猫である」が果してそれ丈の価値があるかないかは著者の分として言うべき限りでないと思う。ただ自分の書いたものが自分の思う様な体裁で世の中へ出るのは、内容の価値|如何《いかん》に関らず、自分|丈《だけ》は嬉《うれ》しい感じがする。自分に対しては此事実が出版を促《うな》がすに充分な動機である。
 此書を公けにするに就《つい》て中村不折氏は数葉の※[#「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28]画をかいてくれた。橋口五葉氏は表紙其他の模様を意匠してくれた。両君の御蔭《おかげ》に因《よ》って文章以外に一種の趣味を添え得たるは余の深く徳とする所である。
 自分が今迄「吾輩は猫である」を草しつつあった際、一面識もない人が時々書信又は絵端書抔《えはがきなど》をわざわざ寄せて意外の褒辞《ほうじ》を賜わった事がある。自分が書いたものが斯《こ》んな見ず知らずの人から同情を受けて居ると云う事を発見するのは非常に難有《ありがた》い。今出版の機を利用して是等《これら》の諸君に向って一言感謝の意を表する。
 此書は趣向もなく、構造もなく、尾頭の心元なき海鼠《なまこ》の様な文章であるから、たとい此一巻で消えてなくなった所で一向|差《さ》し支《つか》えはない。又実際消えてなくなるかも知れん。然し将来忙中に閑を偸《ぬす》んで硯《すずり》の塵《ちり》を吹く機会があれば再び稿を続ぐ積《つもり》である。猫が生きて居る間は――猫が丈夫で居る間は――猫が気が向くときは――余も亦《また》筆を執《と》らねばらぬ。

中篇


「猫」の稿を継《つ》ぐときには、大抵初篇と同じ程な枚数に筆を擱《お》いて、上下二冊の単行本にしようと思って居た。所が何かの都合で頁《ページ》が少し延びたので書肆《しょし》は上中下にしたいと申出た。其辺は営業上の関係で、著作者たる余には何等の影響もない事だから、それも善《よ》かろうと同意して、先《ま》ず是丈《これだけ》を中篇として発行する事にした。
 そこで序をかくときに不図《ふと》思い出した事がある。余が倫敦《ロンドン》に居るとき、忘友子規の病を慰める為め、当時|彼地《かのち》の模様をかいて遙々《はるばる》と二三回長い消息をした。無聊《ぶりょう》に苦んで居た子規は余の書翰《しょかん》を見て大に面白かったと見えて、多忙の所を気の毒だが、もう一度何か書いてくれまいかとの依頼をよこした。此時子規は余程《よほど》の重体で、手紙の文句も頗《すこぶ》る悲酸《ひさん》であったから、情誼《じょうぎ》上何か認《したた》めてやりたいとは思ったものの、こちらも遊んで居る身分ではなし、そう面白い種をあさってあるく様な閑日月もなかったから、つい其儘《そのまま》にして居るうちに子規は死んで仕舞《しま》った。
 筺底《きょうてい》から出して見ると、其手紙にはこうある。
 僕ハモーダメニナッテシマッタ、毎日訳モナク号泣シテ居ルヨウナ次第ダ、ソレダカラ新聞雑誌ヘモ少シモ書カヌ。手紙ハ一切廃止。ソレダカラ御無沙汰シテマス。今夜ハフト思イツイテ特別ニ手紙ヲカク。イツカヨコシテクレタ君ノ手紙ハ非常ニ面白カッタ。近来僕ヲ喜バセタ者ノ随一ダ。僕ガ昔カラ西洋ヲ見タガッテ居タノハ君モ知ッテルダロー。夫《それ》ガ病人ニナッテシマッタノダカラ残念デタマラナイノダガ、君ノ手紙ヲ見テ西洋ヘ往《いっ》タヨウナ気ニナッテ愉快デタマラヌ。若《も》シ書ケルナラ僕ノ目ノ明イテル内ニ今一便ヨコシテクレヌカ(無理ナ注文ダガ)
 画ハガキモ慥《たしか》ニ受取タ。倫敦《ロンドン》ノ焼芋《やきいも》ノ味ハドンナカ聞キタイ。
 不折ハ今|巴里《パリ》ニ居テコーラン[#「コーラン」に傍線]ノ処へ通ッテ居ルソウジャナイカ。君ニ逢《お》ウタラ鰹節一本贈ルナドトイウテ居タガ、モーソンナ者ハ食ウテシマッテアルマイ。
 虚子ハ男子ヲ挙ゲタ。僕ガ年尾[#「年尾」に傍線]トツケテヤッタ。
 錬郷死ニ非風死ニ皆僕ヨリ先ニ死ンデシマッタ。
 僕ハ迚《とて》モ君ニ再会スル※[#コト、1-2-24]《こと》ハ出来ヌト思ウ。万一出来タトシテモ其時ハ話モ出来ナクナッテルデアロー。実ハ僕ハ生キテイルノガ苦シイノダ。僕ノ日記ニハ「古白曰来」ノ四字ガ特書シテアル処ガアル。
 書キタイ※[#コト、1-2-24]《こと》ハ多イガ苦シイカラ許シテクレ玉エ。
  明治卅四年十一月六日灯下ニ書ス
[#地から2字上げ]東京 子規 拝
  倫敦《ロンドン》ニテ
   漱石 兄
 此手紙は美濃紙へ行書でかいてある。筆力は垂死の病人とは思えぬ程慥《たしか》である。余は此手紙を見る度《たび》に何だか故人に対して済まぬ事をしたような気がする。書きたいことは多いが苦しいから許してくれ玉え[#「書きたいことは多いが苦しいから許してくれ玉え」に傍点]とある文句は露佯《つゆいつわ》りのない所だが、書きたいことは書きたいが、忙がしいから許してくれ玉えと云う余の返事には少々の遁辞《とんじ》が這入《はい》って居る。憐《あわ》れなる子規は余が通信を待ち暮らしつつ、待ち暮らした甲斐《かい》もなく呼吸《いき》を引き取ったのである。
 子規はにくい男である。嘗《かつ》て墨汁一滴か何かの中に、独乙《ドイツ》では姉崎や、藤代が独乙語で演説をして大喝采《だいかっさい》を博しているのに漱石は倫敦《ロンドン》の片田舎《かたいなか》の下宿に燻《くすぶ》って、婆さんからいじめられていると云う様な事をかいた。こんな事をかくときは、にくい男だが、書きたいことは多いが[#「書きたいことは多いが」に傍点]、苦しいから許してくれ玉え[#「苦しいから許してくれ玉え」に傍点]抔《など》と云われると気の毒で堪《たま》らない。余は子規に対して此気の毒を晴らさないうちに、とうとう彼を殺して仕舞《しま》った。
 子規がいきて居たら「猫」を読んで何と云うか知らぬ。或《あるい》は倫敦消息は読みたいが「猫」は御免《ごめん》だと逃げるかも分らない。然し「猫」は余を有名にした第一の作物である。有名になった事が左程《さほど》の自慢にはならぬが、墨汁一滴のうちで暗《あん》に余を激励した故人に対しては、此作を地下に寄するのが或は恰好《かっこう》かも知れぬ。季子は剣を墓にかけて、故人の意に酬《むく》いたと云うから、余も亦《また》「猫」を碣頭《けっとう》に献じて、往日の気の毒を五年後の今日に晴そうと思う。
 子規は死ぬ時に糸瓜《へちま》の句を咏《よ》んで死んだ男である。だから世人は子規の忌日を糸瓜忌と称え、子規自身の事を糸瓜仏となづけて居る。余が十余年前子規と共に俳句を作った時に
  長けれど何の糸瓜とさがりけり
という句をふらふらと得た事がある。糸瓜に縁があるから「猫」と共に併《あわ》せて地下に捧げる。
  どつしりと尻を据《す》えたる南瓜《かぼちゃ》かな
と云う句も其頃作ったようだ。同じく瓜と云う字のつく所を以て見ると南瓜も糸瓜も親類の間柄《あいだがら》だろう。親類付合のある南瓜の句を糸瓜仏に奉納するのに別段の不思議もない筈《はず》だ。そこで序《ついで》ながら此句も霊前に献上する事にした。子規は今どこにどうして居るか知らない。恐らくは据《す》えるべき尻がないので落付をとる機械に窮しているだろう。余は未《いま》だに尻を持って居る。どうせ持っているものだから、先《ま》ずどっしりと、おろして、そう人の思わく通り急には動かない積《つも》りである。然し子規は又例の如く尻持たぬわが身につまされて、遠くから余の事を心配するといけないから、亡友に安心をさせる為め一言断って置く。
  明治三十九年十月

下篇


「猫」の下巻を活字に植えて見たら頁《ページ》が足りないから、もう少し書き足してくれと云う。書肆《しょし》は「猫」を以《もっ》て伸縮自在と心得て居るらしい。いくら猫でも一旦《いったん》甕《かめ》へ落ちて往生した以上は、そう安っぽく復活が出来る訳のものではない。頁が足らんからと云うて、おいそれと甕《かめ》から這《は》い上る様では猫の沽券《こけん》にも関わる事だから是丈《これだけ》は御免蒙《ごめんこうむ》ることに致した。
「猫」の甕へ落ちる時分は、漱石先生は、巻中の主人公苦沙弥先生と同じく教師であった。甕へ落ちてから何カ月|経《た》ったか大往生を遂げた猫は固《もと》より知る筈《はず》がない。然し此序をかく今日の漱石先生は既に教師ではなくなった。主人苦沙弥先生も今頃は休職か、免職になったかも知れぬ。世の中は猫の目玉の様にぐるぐる廻転している。僅《わず》か数カ月のうちに往生するのも出来る。月給を棒に振るものも出来る。暮も過ぎ正月も過ぎ、花も散って、また若葉の時節となった。是《これ》からどの位廻転するかわからない、只《ただ》長《とこし》えに変らぬものは甕の中の猫の中の眼玉の中の瞳《ひとみ》だけである。
  明治四十年五月


Comments